Calendar

2006.01.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

micaryon

Author:micaryon

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

おてんき

つぶやきなう

micamama*diary

3kidsの成長、お楽しみのお出かけ、ときどきパパ

--
----
--

スポンサーサイト

スポンサー広告| --:--| TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006
0130
Mon

レントゲンで吹いちゃった!

かぞくC:0T:0| 12:11| TOP

一昨日土曜日、健康診断に行きました。
2年ぶりで、年取ったのでかなり本格的な健診。
久々のバリウム、腹部超音波など、病院嫌いの私には辛いメニューです。
土曜日の午前、夫に休んでもらって子守を頼んで、覚悟決めてGOです。

私にとってのハードルである採血や、腹部超音波診断に心電図などを終え、後はレントゲン2箇所だけ。
レントゲン室の前で、普段は読めないOggiなどを楽しく読んでいると、
中から「ハイ大きく息を~吸い込んで!ハイそのまま息、とめま~す!」
という技師の大きな声が。
これ、字で面白みを伝えられなくて苦しいんですが、この技師さんの声は馬鹿でかく、ハリがあって、しかも独特の抑揚があるんです。
土曜日で病院はドック受診者が多く、私の前に10人はいたと思うんですが、10回とも同じ声量、同じ抑揚で、同じせりふを叫んでる。
みんなが静かに待っているレントゲン室に、響くその声。
私は、こみ上げる笑いを抑えきれなくなってきました。
もうOggiのおしゃれページも目に入らなくなり、一人肩を震わせてると
…ついに、呼ばれてしまいました。

お願いだから違う技師さんで…と願ったのもむなしく、「息、とめま~す!」さんが「ハイ大きく息を~吸い込んで!」と始めてしまったので、
息を止めろといわれていたのに、ぶぶぶ!と吹いてしまいました!!
ど~しよう。

すると技師さん、「あれあれくしゃみかな?鼻かんでね~」と、親切にもティッシュとゴミ箱をもってきてくれました。仕方なく出ない鼻をかみ、「すみません」とあやまって、また撮影台に乗りました。
やばい、また吹いたらどうしよう!もう私の血圧は急上昇…
でもなんとか2度目は持ちこたえました。

でも、これは肺のレントゲンでよかったです。胃の方だったらバリウム吹いてたよ。

スポンサーサイト
2006
0128
Sat

ツアー「おかいつ」

ももぐみC:2T:0| 16:34| TOP

先日書きましたようにももぐみショーが「おかあさんといっしょ(おかいつ)」に出演することになり、収録に行って来ました。

12月の初めに、「当選しました」はがきが届き、1月23日1時10分にNHK放送センターに集合とのこと。
そうそう、あの番組は出演は一般公募で、3歳の誕生月から4歳の誕生月まで1ヶ月に1枚だけ往復はがきで応募できるのです(複数枚応募は無効)。
毎月1回抽選で、当選が決まるのですが、ショーも5月の誕生月から6ヶ月目にしてようやく当りました。1年出しても当らない人もいるようなので、結構ラッキーみたいです。
というわけで、パパも冬休みをとって、むむとショーは園を休み、土日に行われた夫の祖母の葬儀を終えて伊丹空港から東京へ。

撮影当日は、朝の「おかいつ」で体操の予行演習をし、準備万端で実家から出かけました。
スタジオにはショー本人と付き添いの大人1名しか入れない(例え小さい弟妹でも不可)ので、パパと姉妹は留守番です。ショーと二人っきりで出かける、なんて今まであったかなあ?
早めに着いて渋谷で軽くごはん…と思いきや、電車の人身事故やらショーの緊急トイレでバタバタしていたらNHK前に着いたのは集合15分前。
あわてて近くのコンビニで「高級焼き鮭ハラミおにぎり」とりんごジュースをゲットして放送センター入り口でショーに食べさせ、私は肉まんをほおばりました。怪しい親子…

ショーの口を丹念に拭いて局内に入ると、ロビーにはもうたくさんの親子が列を作っていました。そこへ「ぐーチョコランタン」のエプロンをつけたお姉さんが近寄ってきて、
「こんにちは!お名前を教えてください!」とショーに。
ショーが蚊の鳴くような声で答えると、「はい!ちゃんと聞こえたよ!たくさん遊んで来てね」とお土産のTシャツを渡してくれました。私には放映日とスタジオ内での注意事項が書かれたプリントを。

そしてまず子供だけが前に集められ、その後ろをママたち(たまにパパ)が囲んで、エプロンお姉さんからお願い事の説明があり、
「さあ、それではお兄さんお姉さんがお迎えに来てくれてますよ!」というや、
ロビーの奥から4人が登場!
ピンボケはわざとじゃないです…
子供達は唖然。ママたちは遠慮勝ちに「キャ…」と声を上げあとはフラッシュの嵐です。スタジオでは一切撮影不可、携帯はオフなので、これが唯一のチャンスなんです!
ゆうぞうお兄さんからこれまたお願い事の説明の後、4人に連れられて子供達がまずスタジオへ。続いてエプロンお姉さんに先導されてママたちがスタジオに行くと、もう子供達はお兄さんお姉さんと「アイアイ」を歌って遊んでいました。

小さいスタジオに、見慣れたセットがあり、アイアイでほぐれたあとはよしお兄さんと体操、スプーと最後の踊りの練習。泣いている子は、ママといっしょにセットの隅に行き、お兄さんお姉さんが声をかけていました。
ショーは懸命に踊りを真似しています。トイレも済ませたし、まあ大丈夫でしょう…と思っていると、
「じゃあみんな好きなところに座って~」と声が掛かり、あのベンチに思い思いに座る子供達。ショーは中央向かって左、まゆお姉さんの辺りかな?と見ていたら、スプーが座って、その右横二人目になりました。

そのあともなんとなく歌を歌ったり手遊びをしている中、ADさんが「1分前です~」と声をかけ、お兄さんお姉さん達だけに緊張感が走って、子供たちの前には大画面のモニターが置かれ、そこに見覚えがあるファンファーレのアニメが流れ、本番が始まりました。
ママ席はスタジオ向かって右端なので、子供にサインを送ると子供がこっちばかりを見てしまうと言われるので、見守るしかありません。ママ席にもOA画面の見られるモニターがあるので、「あ!ショーが切れてる…」とやきもきしつつも、声も出せないもどかしさ。

収録は、放送と同じ25分間で行われます。録画の部分(歌や「ぐーチョコランタン」「パンツぱんくろう」など)は、モニターを見ながらみんなくつろいでいます。お兄さんお姉さんが「今日は寒いね」と話しかけたり、なごやかです。
「ぐーチョコ」中にふと見ると、セットの左側でまゆお姉さんが一人の子供と踊っています。するとエプロンお姉さんがママ席に来て「あのお子さんのお母さんは?」と声をかけると、ひとりのお母さんがおずおず「はい!」と。
「ズーズーダンス」の子供はあの場で選ばれてるんですね~。
そして「ぐーチョコ」終わりのジングルと同時にまゆお姉さんの踊りが始まり、子供達はモニターを見たり本物を見たりできょろきょろしてました。

「ぱんくろう」タイムになると、モニターは隅に寄せられ、よしお兄さんがスタジオの中央に来て、子供達に「さ~体操だよ!お友達にぶつからないように広がって」などと声をかけ、他のお兄さんお姉さんはスタジオ手前で子供に見えるように体操スタンバイ。
そして、「シャキーン!」と始まりました!
ショーはモニターの「ぱんくろう」に夢中すぎで、体操が始まったことがわかったのかどうか。でも一生懸命ついていきます。
ただ…ショーちゃん、そこはお兄さんの真後ろじゃん!!
一応斜め上からスタジオ全体を映すカメラもあるんですが、余りにもまともに隠れる立ち位置。
途中の走るところで、ちょっと右にずれたので、後半はまあまあ映ったかな?

体操が終わって、いよいよ「スプーのラッパ」が鳴り、番組もエンディングです。
お兄さんとお姉さんのアーチをくぐる場面。ショーちゃん、いい顔してね!と祈っていると、出てきたショー。まゆお姉さんの周りをくるっと回って、またすぐアーチをくぐる!そしてまたぐるっと回って…3回はアーチをくぐったと思います。

そして最後は「バイバ~イ!」で例の風船が降って来ます。
出遅れたショー。何とか一つつかむと、「はい、記念撮影するから風船はママに渡して来てね!」といわれて、ママ席にやってきました。
私はママ席の3列目で、小さいショーは風船が届きません。前列のママが「おばちゃんが渡してあげるよ」といってくれたのに、ショーは眉をしかめ、渡しません。やっと手に入れた黄色いハートの風船だからか…するとまゆお姉さんがやってきて、「お姉さんに貸して」と。ショーはすんなり渡し(!!)お姉さんがニッコリ私に手渡してくれて、ショーはお姉さんと写真撮影に戻っていきました。
お土産と、当選はがき、プリント。黄色いのが空気を抜いた風船です
本番はまさに25分。局入りしてからきっかり1時間半で全て終了しました。
大雪から2日たち、日差しはあっても寒い東京。雪がとけ残る舗道を歩きながら
「ねえショーちゃん、どうだった?」と尋ねると、
「たのしかった!」とショーはまだ紅潮している顔で答えました。
「よかったね!何が楽しかった?」と畳み掛けると、
「でへ…わかんない~」と。いつもの照れ笑いです。

岡山に帰ってからも、毎日「おかいつ」見ていますが、ショーにとってはすごく身近になったみたい。
1歳5ヶ月のなちなちも最近は体操などを真似しているので、「今度は君だね」と思っている母でございます。

そうそう。放映は2月8日水曜日でございます!
グレーのしましまフードつきベストを着ている子供です。
長々と親ばか、すみません。

2006
0126
Thu

春待ちカツオのたたき

ごはんC:2T:0| 12:26| TOP

昨日の朝、「どこでもクッキング」で高知のカツオのたたきをやってました。
あまり関心のない子供達より、私が真剣に「おいしそう」と見てしまった。
そして午後、むむのピアノのお稽古の待ち時間に行ったスーパーで
カツオのたたき特売を発見!
玉ねぎも特売!あ、しょうがもだ!
となれば、作るしかないです。

これだ!

義母が高知の出身なので、たたきの作り方は何年か前に教わりました。
ポイントは、「薬味タップリ、たれタップリ」ということ。
どこにカツオがあるのか見えないくらい薬味をのせるのです。

必須の薬味は玉ねぎ、にんにく、しょうがです。
玉ねぎは薄くスライス。新玉ねぎならそのまま、今の時期なら水にさらしておきます。好みですが私は繊維に垂直に切ってます。
にんにくは薄切りに、しょうがはすりおろして、
主役のたたきは厚めの削ぎ切りにします。
「どこでもクッキング」の子はすごく切れ味よさそうな柳刃を持ってましたね!!
お皿に玉ねぎを敷き、たたきを並べ、上から残った玉ねぎ、にんにく、しょうがを載せ、ゆずの利いたポン酢しょうゆ(馬路村のがおいしいですね)をどばどばとかけます。たたきに付属のたれではちょっと少ないかも。

そしてもう一つのポイント、上から手で叩いて味をなじませていきます。
義母曰く、「こうするから『たたき』いうねんで」とのこと。
最後に刻んだ浅葱や青じそなどを散らします。(これも多いとおいしい)
そして食べるまでラップして冷蔵庫に入れておきます。
味がなじんだころに、いただきます。

高知では「さわち」という、大きな伊万里なんかのお皿にどどんと作ってみんなで食べるものみたいです。「どこでもクッキング」でやっていたように、藁で焼いて作るのがおいしいと義母は言っていました。

私は半分食べて、残りを夫に。
以前特売のたたきを買ってきたとき「おいしくない」と言ってたけど…
「おお、めずらしいやん。うまいうまい」と喜んでくれました。
たっぷりの薬味で、風邪も治るかも。

カツオというと春のイメージ。早く暖かくならないかな~。

2006
0125
Wed

帰ってきました

かぞくC:2T:0| 11:29| TOP

右往左往からようやく昨日帰って来ました。
それぞれの出来事を書いていたらもうみんな読むのしんどくなる位の密度でいろんなことがあったので、これからチョコットずつ書いていきますが

今回のメインイベントは、
夫の祖母の通夜・告別式と
ショーの「おかあさんといっしょ」収録でした。
(一緒にするな!って感じですね。不謹慎な嫁でございます)

それを3泊4日の日程でこなしてきました。
結果、夫が熱を出して倒れています。
(でも会社には行ってます…)

それと、今とりあえず困っているのは、
電気釜が壊れていることです…
オーブンレンジに続いて、8年目でお別れの電化製品第2弾です。

というわけで「ル・クルーゼだからおいしい料理」を参考に
鍋でごはんを炊いています。
電気釜より早く炊けるのが意外&嬉しい誤算ですが
保温ができないので、夫の分はラップに包んで置いておきます。

うちは無洗米なので、研いでざるにあげておく作業がない代わり
最初から弱火で炊いていき、沸騰してから15分くらいを目安に炊き上げ、
10分蒸らしてます。
赤子泣いても蓋取るな、って言うけど、本には「ちょっと位覗いても大丈夫」と書いてあるので、蓋の重いル・クルーゼでは判りにくい沸騰の確認のためちょいちょいのぞいてます。

味の違い?わかんないです…
ちょうど近くのスーパーや家電店でセールをしているので、鍋でごはん生活もあとちょっとになりそうです。
仕掛けておけば何もせずに炊き上がる便利さが、やっぱりうちには必要でございます!

2006
0120
Fri

しばしバタバタ

お知らせC:0T:0| 14:13| TOP

いろいろと重なり、明日から右往左往してきます。
あるときは大阪で、あるときは東京でお目にかかるかも??
予定をして遊んだりはできないタイトな日程なのですが
もし見かけたら声をかけてやってください!
無事に帰ってきたらお土産話をしっかりアップいたします♪
ではでは寒い週末のようですが皆様お元気で。

2006
0118
Wed

計るだけダイエット

ダイエットC:2T:0| 11:25| TOP

クリスマスから年始にかけてしっかり!!リバウンドしていた体重体脂肪を絞るべく
お正月明けから本気モードでダイエットをはじめました。

去年から続けている「寒天」は継続していますが
「あるある体操」は、思ったより腰にくるので、中断しました。
そこでとりあえず過食傾向を立て直すために始めたのが、「計るだけダイエット」です。

「計るだけ」はもともと「ためしてガッテン」で数年前に放送して大ブームになったもののようです。きちんとしたテキストもあります。
わたしはその辺をかいつまんで自分流にやっているんですけど…
毎朝起床してトイレに行ったあとと、夕食直後、1日2回体重を測って、それを折れ線グラフにしていく、というのが決まりです。
グラフの目盛はなるべく小さく、100グラム単位にするのもポイントです。
ダイエットが進んでいくと、だいたいそのグラフはジグザグしながら右下がりになって行きます。
目盛が小さいと、ちょっとした変化でも、右下がりになってくれます。
するとその嬉しさが、食べ物を食べる喜びに勝ち、「グラフを右下がりにするためにこのオヤツがまんしよう!」となり、さらにダイエットが進む…という理屈です。
つまり、脳を騙すんですね。

ただこのダイエットの最大のポイント、「グラフをつける」がネックにもなる…面倒くさい。だいたい、紙がない。
テキストを買えばそこにグラフ用紙がついているそうですが、「なるべくお金をかけない」が主婦たる私のポリシー。グラフ用紙がダウンロードできないかな…と検索してみたところ、
「ボディ電卓」というフリーソフトに出会いました。

これはまず身長と年齢、性別を設定しておき、
毎朝晩測った体重と体脂肪率を入力すると、
BMI(体格指数)と基礎代謝量を計算し、「健康」とか「隠れ肥満」とか指摘して「あとこれだけ脂肪を減らしましょう」と教えてくれます。
さらに、体重と体脂肪量をグラフ化↑してくれるというわけです。

と、ツールの説明が長くなりましたが、私が毎日していることは、
朝起きてトイレに行ったあとと、夕食後お風呂に入る前に体重&体脂肪を測り、それをパソコンに入力することだけです。
あ、運動量を増やすために、以前書いた「ジャンピンポピラ」も1日何回かやっています。
それで約10日。無事にグラフは右肩下がりになり、1.5キロほどですが落ちてきました。体脂肪も下がってくれてます。運動不足の私には「ポピラ」も立派な運動らしい。
元々つくりが単純なせいかまんまと脳が騙され、食事の量が減って来ていると思います。小腹が空いても、前なら「何か食べたい」と思ったけど(お正月はそんなときにつまめるものが大量にあった!)
グラフをつけ始めてから「お茶でがまん!ここを乗り切ったらまたグラフが下がる♪」と思えてきました…

結局ダイエットとは「入るを減らし出るを増やす」ほかに王道はないのね…
ついつい、なんとなく食べていたものを見直し、なるべく体を動かす、ということ。頑張りすぎずぼちぼち続けていくつもりです。

2006
0117
Tue

助っ人さん♪

ソーイングC:0T:0| 16:52| TOP

読んでいるブログに追加した「ハンドメイドの…」というページなんですが
「hellowz&Belceuse」さんといいまして、
あまたある布やソーイング関連のネットショップの更新情報を流してくれるサイトです。

ネットで布を買うようになってわかったのは、人気のある可愛い布のお店では新しい布が入るとすぐに売切れてしまうということ。
かといって、タイミングを逃さぬようパソコンに張り付いているわけにも行きません。
そこでこのブログもあるし、家計簿をつけたり体重をつけたり(このことも後日ご報告します)ということもあって一日に何回かはパソコンを開けるので、
そのときにこのサイトに立ち寄りチェックしています。

サイトの魅力はその情報だけでなく、管理人のbelさんの趣味が私の好みと近い!ということ…
belさんも小花柄などの布がお好きのようだし、雑貨や本の紹介もあるのですが、「うう、可愛い!」と叫びたくなるセレクトが多く…覗くのが本当に楽しみです。

ところで先週末に二つの人気ショップが3月に送られる分の予約販売を始め、私も早速覗いて、春らしい布をオーダーしました。
届くのは3月下旬。タダでさえ忙しい卒園入学シーズンに縫い物なんてできるのか??という気もしますが、私のことだから無から有を生じるというか、無理やり時間を作ってミシンに向かいそうです。
形にしたらここでご報告しますね!

2006
0116
Mon

新巻鮭!

ごはんC:4T:0| 20:17| TOP

風邪気味のなちなちをコミコミの小児科に連れて行き
やっと帰ってきたお昼前、パパから電話。
なんでも、同じマンションに住む仕事先ディーラーマンさん(クリスマスにケーキを届けてくれた人)から、お店の景品の新巻鮭が余ったのでもらってくれといわれたとのこと。
了解した10分後ぐらいに、箱に入った新巻一本、届けられました。
ばばん!
これ、どうしよう??

さっそく実家の母へ電話。
「あらまあ、ね、半分あげるって言って誰かにさばいてもらったら?」
ナイスアイデアだけど、周りは転勤族の若ママばかり、やってくれる人なんていないよ…
「まあ鮭の中骨は硬くないから、まず頭とって、三枚に下ろして切り身にしたらいいわ」
結局そうだよね。やるしかないです。

うちには包丁も洋包丁一本きり(あとパン切りナイフだけ)これでいきます。
言われたとおりえらの部分から頭を切り取ります。ガンガン!
あとはお腹もうろこもないのでしっぽを切り取り、中骨にそって下ろします。
よれよれの身が2枚と、大名下ろしで身がタップリついた中骨に分解しました。
身のほうはとりあえず切り身にして一つずつラップにくるんで、ジップロックに入れてフリーザーへ。これで一息。
中骨、もったいないなあ…身がつきすぎてる。

そこで半分にガン!と切って、グリルに入れました。
焼きあがったら、ほくほくを寄って来た子供達の口に放り込み、
残りはほぐして、お酒とみりんで炒り、おしょうゆをたらしてゴマを入れると。
ふりかけです。
とりあえず一品増えて、子供達は大喜び♪

それにしても新巻。
祖母にくっついて出かけたお歳暮売り場か、食品売り場か、年の瀬の混んだデパートにぶら下がっていたのを思い出します。
冷蔵や輸送の発達した21世紀では、なんだか懐かしい食べ物ですね。

2006
0113
Fri

らくらくベーカリー

ごはんC:2T:0| 20:37| TOP

昨年末買い換えたオーブンレンジの機能で
とっても気になっていた「らくらくベーカリー」。
それは、こね要らずで、レンジで発酵させ、全行程40分ほどでパンを焼き上げるというもの。
今夜はパパが飲みなので、普通のごはんを作らなくていいので
ちょっとトライしてみることにしました。

たまたま村上祥子さんの「電子レンジで焼きたてパン」なる雑誌の切り抜きも手元にあったので、それを参考にしつつ、レンジに付属の説明書を見ながら作ります。
牛乳とバターを耐熱容器(大き目のジップロックコンテナ)に入れて、まずチン。
温まったら良く混ぜ、ドライイースト、砂糖、塩、強力粉を入れていきます。
最後の強力粉はあまり混ぜないのがコツとのこと、菜箸でくるくる、程度。
それに蓋をかぶせてもう一度チン。これが一次発酵。
そうしてできたちょっと柔らかめの生地を切り分け、丸めてラップをかぶせて少し寝かせます。
さらにそれを丸めなおし、3つ分はソーセージに巻いてソーセージパンにするべく、細長く伸ばして「こどもたち~」と叫ぶと
手を洗いすぎて赤くなるほど気合十分のむむとショーが飛んできました。
打ち粉で粉だらけになりながらソーセージにぎゅぎゅっと巻きつけ、他の丸パンと並べてチン。2次発酵です。
そのまま天板に乗せてスイッチを押すと、今度は自然にオーブン機能で動き出しました。
約20分ほどで焼き上がり!
それがこれです!

早速、スープとともに夕食です。
成型や寝かせなどを入れると1時間以上掛かったけど、こねて作ることを考えたら本当に労力なしの「らくらく」、でも焼きたてはふんわりおいしい~♪
粉180グラムと少量なので、親子4人でぺろりと完食しました。

冷めてくるともっちりというよりは硬い感じになってくるし、ちょっとイースト臭が強い気もするけど、
食べる前にさっと作って焼きたてを食べる分には、とっても手軽でおいしいです。
村上さんもアレンジをいろいろ考案されているし、ちょっとクックパッドで調べてもたくさんのバリエーションを発見。愛好家は多いみたいですね。
普通のレンジ+オーブンでも全然問題なくできるので
興味のある方、トライする価値ありですよ~!

2006
0112
Thu

ケンタロウさんのごはん

ごはんC:2T:0| 11:54| TOP

私はLEEをいつも読んでいるんですが、大抵買ったその日か翌日には、ケンタロウさんの連載ページのお料理を作ってる気がします。
なにしろ写真を見て、コメントを読んでいると「おいしそう!食べたい!」って思ってしまう強力なパンチがあるし、去年はお魚料理メインの連載だったんだけど、普段お魚売り場で見掛けても「子供が嫌いかも」と買わないような食材で、夫子供の喜びそうなおかずを作って見せてくれるから、トライしたくなっちゃうんですね。

そして今月は別冊付録で「和食」を特集してます。
もう2品作ってしまった私…
とりあえず買った(定期購読しているので、届いた)翌日には
これ、角煮。
おいしかったです。手順も材料も少ないのに。柔らかいので子供達もたくさん食べた。次回の「豚バラブロック特売」の日には倍量作ろうかという勢い。

そして昨夜は
このまぜごはん。
あれ、また豚バラだ。うちが好きな食材だったってこと?味付けもほぼ似てる…
と、とにかく。このごはんで私的に一番気に入ったのは、えのきだけ。煮ているとあの瓶入りなめたけ状態になるのね、本当に。でもしゃきしゃき感も残り、おいしかった。これにお味噌汁とおひたし+夫と私は寒天ボールスープ(この件はまた後日まとめます)というシンプルな夕食でございました。

それと、先日はポテトコロッケを作ったのですが、これもうちでは数年前からケンタロウさんの、というか小林さんちのレシピみたいです。
そのキモは、「コンデンスミルクを入れる」こと。これがおいしい。

ケンタロウさんのお料理はダイナミックなようだけど、調理に際しては食材を良く観察することや火加減に気を配ることなど、繊細な部分も多くて、
おいしいものを作るにはやっぱり気持ちを込めなきゃだめなのね、と気づかされます。
お母様カツ代さんの手早くおいしいレシピも大好きなので、復活が待たれます。

2006
0110
Tue

おむつにさよなら

かぞくC:0T:0| 16:43| TOP

むむ5歳11ヶ月(年賀状には6歳となっております)、ようやく夜のオムツもはずれました。
2歳半からトイレトレーニングを始めて、なんと3年半の長い月日を費やし
オムツとは完全にさよならです。

トイレトレーニングのことは何度となく書いていますが
初めての子供のむむには、ずいぶん無理強いをして、私の中では反省がいっぱいです。

まず2歳半ではじめたのも、「ひよこクラブ」とかしまじろうとかでなんとなくそろそろ始めたほうがいいような記事をたくさん目にしたからで、必要もなければ本人の自覚も全然なかった。
ショーが生まれてまだ動きださないうちに外そう、とか、早生まれなので3歳からトレーニング始めても入園に間に合わないかも、とか、頭だけで考えていました。
それがそもそも無理だったんですね。
結局3歳になってもしっかりトイレにいけるようになっていなくて、6月に入園しても毎日お土産袋(着替えたパンツ入り)を持って帰ってきていました。
園での失敗は徐々に減り、毎日が週3回になり、週1回になり…
それでも年長の1学期までたま~にお持ち帰りありましたから、基本的におしっこのタイミングをつかむのが苦手な子なんだと思います。

昼間はそんな風にすこしずつできるようになっていき、
周りの子が「夜ももうおむつしてない」と聞くようになった年少時代、
夏に思い切って夜のオムツも外そうと試みました。
うちはワイドダブルのベッドにシングルベッドをつけて、当時は親子4人で寝ていましたので、シングルの方に介護用の大きなビニールシーツを敷き、そこにむむを寝かせるようにしました。
夏なら失敗しても洗ってすぐ乾くし♪
でも…
毎日ばっちり失敗するし、肌の弱いむむはビニールシーツ敷き(一応その上に普通のシーツを敷いていたけど)では蒸れて湿疹が増えて辛そう。
なにより、寝ている間は尿意に全く気づくことができない様子。
これは、続けても無駄かもしれない…
と思い直して、ショーのパンツタイプのオムツをはかせて寝かせてやることにしました。
毎朝タップリとなったオムツを片付けるときに、「あ~あ…」と思うこともあったけど、夜のオムツはトレーニングで外すものではなく、脳から「夜おしっこが出るのを抑えるホルモン」が出るようになって外れるものだと本で読んだりしたので、その日が来るのを待っていました。

時は流れ年長になった昨夏、「お泊り保育」がありました。
その頃は朝になっても「おしっこ出てない」日が増えてはいましたが、
園からは「紙パンツやパッドを持参しても構わない」と言われていたので
本人に「どうする?」と聞くと、「持っていく」というのでパッドを持たせました。夜には自分で先生に頼んで付けてもらったそうです。
お友達にもそのことを特に何も言われたりしなかったとか。
なにしろ本人がオムツをしていることを恥ずかしいと思わないので
私のほうはそれに助けられていました。
神経質なところがある子ですが、気にならないことは全く気にしないあっけらかんとしたところがあります。
なのでその後も夜はオムツでした。

それが、この冬寒くなってから、全く失敗がなくなり、
お正月はじじばばのベッドを汚さないようオムツにしたものの、お正月明けからはパンツで寝かせて、失敗なく過ごしています。
脳からのホルモンは季節を選ばないようで、
こんなに寒くてもオムツは外れるんだな~、と感心。

むむは去年からだんだん自分に自信が出て、内弁慶だったのが外でも自分らしく行動できるようになりました。
そしてオムツからも完全脱却。母は頼もしく思ってます。

ところで昨年春に昼のオムツが取れたももぐみショー君はやっぱり夜はオムツです。毎朝どっしりオムツから普通のパンツに履き替えて登園です。生意気にもボクサータイプ。しょっちゅう後ろ前にはいてるんだけどね。

2006
0108
Sun

お引越ししました~

お知らせC:0T:0| 23:32| TOP

先日お知らせの通り、HPをお休みして
このブログに一本化しました。
←ハーボットのLumpiも引っ越してきました!
?を押して、ゲームなどして遊んでやってください。
お名前を教えてやっていただけたら嬉しいです。

Lumpiとは、大学1年生の時からの教科書の主人公が飼っていた犬の名前です。
主人公の男の子の名前は忘れちゃったんだけど、なぜかこのLumpiの名前だけは忘れられず、Postpetでもβ版の頃同じ名前を使っていました。
なんかとぼけた味のあるところが好きなんです。
誰かが先生に「ドイツでは典型的な犬の名前なのか」と聞いたら、「いや、聞いたことがない」ときっぱり否定していたのも印象深くて…思えばその教科書自体も、あまり一般的なものじゃなかったようだけど。
(私は大学時代ドイツ語学科でした)

横道に逸れましたが、今後ともよろしくお願いいたします。

2006
0108
Sun

おっぱいにさよなら

かぞくC:0T:0| 23:16| TOP

なちなち1歳4ヶ月。3日前からついに乳離れしました。

1歳過ぎからは昼はほとんど飲んでませんでしたが
夜はなくては眠れず、しかも夜中に何度も起きて欲しがっていました。
上の子たちは1歳前にお乳を離れ、ミルクも1歳くらいで飲まなくなり
それぞれ「寝るときのお約束」はあったものの、寝つきも良く、夜中も起きず、だったので、
3人目にして夜寝られない辛さを知り、「やっぱりなんでも経験しないと許してもらえないんだなあ」と思っていました。
それが、あっさりお別れ。

いわゆる「断乳」は色々大変と聞きます。
お乳に絵を描いたり、からしを塗ったり、どんなに泣いてもずっと抱っこだけで一晩…などなど。
でも、なちなちは突然3日前の夜、寝ぐずりながら自然に眠ったのです。
そして一晩起きませんでした。
翌日の夜も、ぐずったらおっぱいのつもりで添い寝しましたが
寝ぐずりながらも背中を叩いていたらすうっと眠り、夜中に一度起きてもまたすぐ眠り、そして朝まで…
さっきも、寝ぐずって色々ベッドサイドで遊んでいましたが、いつの間にかすうっと眠りについていました。
不思議なものです。

思えば生まれてすぐNICUに入り、哺乳瓶で育ってから私の元に来た上の子たちと違い、なちなちは生まれた直後から母乳で育ち、ミルクも1日2~3回ほど飲むだけだったから、いちばんお乳と離れがたかったのかも。
でも今や、上の子たちと同じに何でも食べて飲んで、お乳よりおいしいもの、お腹いっぱいになるものをたくさん知っている彼女。
離れたのも自然の成り行きですね。

う~ん、淋しいといえば淋しいです、普段より2カップも大きい授乳用ブラジャーともお別れだし(もう大分前からガバガバになっていた)、この3晩も結局私が夜中に何度も目が覚めてしまった。
いやいや、なちなちはこうしてまたひとりの道を歩き始めてるんだから。
母も振り向かず、前を向いて行かなくちゃ。
自分に言い聞かせてます。

2006
0106
Fri

ジャンプジャンプ

かぞくC:0T:0| 15:01| TOP

がんばるぞ!

今日はなんだか特に冷え込んでいる気がします!
お昼は去年の残りの手作りピザで済ませ、夕食はお正月頂いてきたおいしそうなお魚の味噌漬けがあるし、そういえば生協の初配達もあるし。
外には出ない~!と決めたものの、
子供達はもてあまし気味。

でも、お正月に買った「ジャンピンポピラ」があるぞ~↑
これはテレビにつないで、音楽にあわせて落ちてくるボールを跳ね返すべくマットを踏むもの。
まだ家族でボードゲームはできないのですが、こんなのだったらみんなで楽しめるかな?と、岩盤浴の帰りにパパと相談して買いました。

セッティングも簡単なのでむむにお任せ。
子供達は毎日ぽんぽん跳ねています。
色々なコースがあるけど、時間を決めて頑張るフィットネスコースは大人向け。
私も昨日から毎日やるようにしていますが、5分間でも汗をかくほどの意外なハードさです!
ただテレビを見ながらのその場ジョギングなら「有酸素運動」って感じでマイペースでいけるけど、ポピラは画面にあわせて動かなくてはいけないので、画面に集中しつつ足はしっかり動かさなくてはならず…大人の運動不足解消にももってこいかも?

来週から新学期。上の子たちがいない隙にがんばろうっと!

2006
0105
Thu

お引越し予定です

お知らせC:2T:0| 13:49| TOP

こんなタイトルにしちゃったら、皆様「え!転勤!」って思いますよね。
ごめんなさい~
HPのことです。

2年ちょっと続けたHPをお休みして、このブログに一本化しようと思っています。
やはりブログのほうが管理がしやすいので…
過去に書いたものを振り返ることもほとんどないと感じていますし。
大枚をはたいてビルダー購入したのにね、という気もしますが
またHPを再開する日も来るかもしれません…てことで。

そんなわけですので、
年末に頑張りすぎて縫い物心がまだうずかないこの時期を利用して
移行作業をしています。
って、ブログの記事のカテゴリーわけをしたり、っていうくらいですが。
一番大規模なお引越しは、ハーボットのLumpiかも?

子供達の成長過程を楽しみにしてくださった方々もいらっしゃるかと思います…
顔出し写真は載せませんが、なんとなく成長を見ていただける&縫い物作品のモデルとしてわかりやすいようなものを工夫していこうと思います。
(親戚の皆様には、クローズドのコミュニティもありますし、そこには今後のイベントごとに写真をアップしたいと思っています)

そうそう、それでお願いです!
リンクをはってくださっている方、「お気に入り」に入れてくださっている方、
大変お手数ですがアドレス変更をお願いいたしますm_ _m

今日の岡山はあられもぱらぱらくる寒さですが
晴れ間もあり。これから洗濯物を入れ替えて、またPCに向かいます。

2006
0104
Wed

ごちそうの後は

ごはんC:4T:0| 19:12| TOP

昨夜は買って来たものを食べたので
今久々に食事を作ってます。
といっても、実家での頂き物を活用してるんですけど。
お正月って、普段食べないもの、買わないものを頂くチャンスが多いですね!


これは、おすそ分けで頂いたクリームチーズに、これまた夫の従弟(九州在住)のお土産の明太子を載せたもの。なちなち1歳、こんな食べ物が大好きな末恐ろしい子です。

他は、むむのリクエストの鮭ごはん(お米に塩鮭をのせ、お酒とお醤油、たっぷり目の白すりゴマを入れて炊いたもの)、豚汁、ほうれん草のおひたし。
毎日おせちにお雑煮、すき焼き、しゃぶしゃぶ…だったので
こんなありきたりがいいみたいです。

豚汁はおうちによって色々でしょうが、
私のポイントは、
先に具材をしっかり炒めておくことです。
フライパンに切ったこんにゃくとひたひたの水を入れて火をつけ、沸騰してしばらくしたらお湯を切って今度はから煎りして、程よきところで切った豚バラ、長ネギ、ささがきごぼうなどを入れて香ばしく炒めていきます。豚バラから脂が出るので油は入れずにフライパン一個で下ごしらえできます。
これを鍋にいれて水を加えて煮、沸騰したらあくを取って残りの具材(お芋や葉野菜)を加えてふたをして煮込み、ちくわやかまぼこ、さつま揚げなどを入れてお味噌をといたら出来上がりです。
だしを入れなくても、この練り物系が入るとちょっとおいしい感じがします。

明日はむむから「カレー」のリクエストなので、豚汁たくさん食べてお鍋を空けなくちゃね。

2006
0103
Tue

新春岩盤浴

ママのたのしみC:4T:0| 21:27| TOP

これこれ!

あけましておめでとうございます!
本年も相変わりませずよろしくお願いいたします。

さて30日から今日まで夫の実家に帰って
義父母と義弟一家と新年を過ごしてきました。
このお休み、私にとっては「リフレッシュの日々」でした!
え~、だんなさんの実家でリフレッシュ?というお声もあるかもしれませんが…

そもそも30日高速を実家へひた走っているときに義母から夫に電話があり、
30日も仕事に出ている義父を迎えがてら梅田でお茶するのでよかったら私も一緒に、とのお誘い。
普通は、遠慮するのかな…でも私は嬉しいのでいそいそついていく事にしました。
義父の終業を待って、職場に程近いハービスをぶらぶら、これもとっても楽しい。
その後ヒルトンプラザの地下でお茶をしました。
なにしろ子供なしでゆっくりお茶を飲んだり、ぶらぶらするなんて本当に久しぶりなのに、それがホテルのティールームで、周りは綺麗なお店。あ~、楽しいよぅ~~
帰りに阪神百貨店の地下で(ここもすごい人出)お正月用のお魚などを仕入れて大満足のひとときでした。

そして!やっと冒頭の写真の話なんですが、
明けて昨日2日の午後に、夫の実家からクルマで30分ほどのところにできた温泉に行ってきました。
またもや義母が、「隣の人がお肌つるつるになって、岩盤浴したからなんやて。行っておいで」と言ってくれたのです。そこでやはり体調不良に悩む夫とともに出かけました。

ここも大混雑でしたが、ちょっと待ったり、先に各種お風呂を試した後で、予約の時間に岩盤浴ゾーンへ行きました。
かなり大きな石造りのフロアに、一人一畳くらいのスペースが30個くらいは区切られていて、それぞれのスペースに茶色いタイルがずらりと敷かれてあり、どうやらそのタイルがトルマリンやらゲルマニウムなどを練りこまれたものらしいです。
そのタイルが50度くらいに温かくなっているようで、そこにバスタオルを敷いて寝転ぶことで体を芯から温め、血行を良くして体の不調を改善するということらしいです。汗がたくさん出るので、毒素が出るという「デトックス」にもなるみたいだし。

予約の時間は1時間。作務衣のような服に着替え、500ミリリットルボトルの水1本をもらって、ごろりと…
結構熱いし、私の弱点である腰を伸ばして寝転ぶには石の床は硬いけど、汗がどんどん出て、お腹を温めたり、ひざを曲げて腰を温めると気持ちいい。(本来はまずお腹を温め、それから仰向けに寝転ぶ方が良いみたいです)
夫と「子供達どうしてるかな~」などと話していると(隣同士のブースでした)横で寝ている人から「静かにして!」とご注意。ごめんなさい。
途中「涼み室」でクールダウンしながらたっぷり汗を流してタイムアップ。

特に体重が減ったり、体調がよくなったということはないけど、少なくとも昨日は肩こりもなくすっきりしたし、食事もおいしく(ご馳走続きで食傷気味だった)頂け、夜もぐっすり眠れました。

そんなわけで今年も春から縁起良くスタートが切れたような気がする私です。
こんな感じで毎日楽しく過ごせたらいいなあ。

Copyright © micamama*diary All Rights Reserved.

Designed by Flug / Illust by ふわふわ。り / Admin

FC2Ad


カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。