Calendar

2005.12.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

micaryon

Author:micaryon

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

おてんき

つぶやきなう

micamama*diary

3kidsの成長、お楽しみのお出かけ、ときどきパパ

--
----
--

スポンサーサイト

スポンサー広告| --:--| TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005
1230
Fri

よいお年を

ソーイングC:0T:0| 09:04| TOP

無事縫いおさめました

ここ数日岡山は穏やかでよく日もさします。
洗濯物をたくさんしたり、ちょっと頑張って掃除をするにはぴったりでした。
でも午後からは風が出て日が翳るので、縫い縫いタイム。
上のベスト3点に加え、むむのほっこりTシャツにショーのほっこりズボンも縫いました。
私のカーディガンもついでに作ったのですがちょっぴり失敗…
急いじゃいけませんね。

そんなわけで、今日からパパの実家でお正月休みとなります。
この9月からはじめたブログを読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。
年明けからも引き続きよろしくお願いします!

スポンサーサイト
2005
1227
Tue

縫いおさめ進行中です

ソーイングC:0T:0| 22:27| TOP

そうなんです。
昨日今日と、午前中はいつもの家事+ちょこっとしっかり目の掃除を少しして
午後はほとんどミシンに向かいっぱなしなんです。
写真を撮る暇もなくてなかなかまとめられないのですが
来月11月+12月分としてHPにアップ予定です…


これは12月のはじめに作ったクッションカバーです。
でも雑貨はこれくらいで、あとはひたすら私と子供たちの服を縫ってます。
特にこの1ヶ月くらいの冷え込みが厳しく、子供たちの着るものが不足して
ミシンはフル回転です。

昨日今日で完成したのは、むむとショーのフード付きベスト。
型紙はパターンレーベルさんのもの。初めてトライしましたが、下準備の手順が特にしっかり書かれたテキストがあったので、縫いはじめたら本当にスムーズにできました。
布はRickRackさんのリトムボーダー。ほっこりした手触りだけど軽く縫いやすいです。

それと、最近ついにリメイクにも手を出していて、
先日は私のワンピース(裏毛であったかだった)から、なちのベスト+スカート、むむのミニスカートを作りました。
今日は、雑巾作成のための古タオル袋からなぜか出てきたマタニティパジャマのズボン(これも裏毛でほかほか。むむのときのでしょう)から、なちのズボンを作りました。
すそをそのまま使ったので手順が一つ省けてすぐできました。
マタニティ用のズボンなので、お腹周りにたっぷり布が使ってあるので、ここからベストも取れました。リブをつければ上下お揃いができます。これにリトムボーダーのはぎれでフードをつければ上の子たちとお揃いにも…

パパの仕事納めがいつなのかがまだ不明なのですが、
それまでは午前=家事、午後=ミシンの日々を続ける予定。
子供達が暖かくお正月を迎えられるように、もうひと頑張り…でもこれってやっぱり、ママのお楽しみだよね。

2005
1226
Mon

クリスマスつれづれ

かぞくC:0T:0| 09:32| TOP

今年のクリスマスは3連休に重なってましたね!
うちの不定休の夫も土日はほぼ休みだったので
なんとか世の中の流れに乗ったクリスマスを過ごすことができました。

土曜日は昼前からクルマで1時間近く掛かる隣の市のショッピングセンターへ。
私はピアノ教室のクリスマス会で交換するプレゼントを見繕い、
子供達はゲームセンター。といってもうちの子供たちはゲームオンチなので、
流行の「ラブベリ」に並んだりすることはなく、簡単なクレーンゲームやガチャポンなどで大喜び。
夕方戻ってパパがちょっと会社で残務整理している隙に夕食を作って
パパの帰宅ともにごはん。
そしてフィギュアスケートを横目で見つつケーキを食べました。

ケーキは例年通り「社販」なのですが、今年は同じマンションに住むディーラーさんのところで買ったので、うちまで届けてくれました。
このディーラー営業マンさんはまだ20代前半、看護婦さんと同棲中ラブラブだそうなんですが、
24日は彼女が夜勤…かわいそうだったのでうちに眠っていたワインをもって帰ってもらいました。
そうなんだよね~、私の経験から言っても、ラブラブなときほどクリスマスは仕事。それも遅番だった…別れたとたんに休みもらえたりしました…シフトを組んだ人に悪気はないでしょうが…

夜になっても子供達は寝ない、寝ない。
疲れると無理しないむむは早く寝たものの、お昼寝をしたチビ二人は11時でもギンギン。
「ショーちゃん、早く寝ないとサンタさん帰っちゃうよ。むーちゃんだけプレゼントよ」
と何回話したことか…
やっと寝付いたころには日付も変わり、パパはすでにバク睡、ママサンタがプレゼントをそれぞれの枕元に並べました。

25日朝は、むむの鼻歌で目が覚めました。
お目当ての「ハートフルコミューンキャリー」が、園で作った大型長靴の中に入っているのを見つけたのです。
なちなちはいつものように泣きながら、夜更かしのショーはむむの甲高い声で「ショーちゃん!アンパンマン号あるが!」とたたき起こされてそれぞれ起き出しました。
午後からはピアノ教室のクリスマス会です。
メップルの世話に夢中のむむに「練習!ちゃんとしておきなさいよ!!」と口がすっぱくなるまで言いつつ、ハンドベルのことを考えると胃が痛みました。

クリスマス会は小さなホールでしたが、演奏会形式で、むむも「ひげじいさん」を一人で弾きました。
いつもはおもちゃのキーボードで、3つ以上の音が一度に出ないのでまともには練習できていないのですが、本番ではポツポツながら何とか弾けていました…頑張ったねえ。
母もほかのママさんたちとベルを片手に舞台へ。あ~、もう、思い出したくないです。
有馬記念、ばっちり外しきったパパが「ビデオ撮っといたで」と…いくら自分がだめだったからといって嫌がらせはやめてくれ!

ともあれプレゼント交換で頂いたプレゼントなどたくさんお土産を抱えて帰宅。
またもやスケートを横目にお鍋をつついて、今年のクリスマスも終わりました!
これからリースやガーランドを片付け、お正月飾りを出して…
いよいよ今年も最終週です。

2005
1222
Thu

ふぶいてます!!

ももぐみC:4T:0| 09:18| TOP

見えるかな…横なぐりの雪

おはようございます。
平日のこんな時間に更新?
そうなんです~、終業式というのに朝から吹雪(!!)で、
8時過ぎに園から電話があり「通園バスが出せないんです…今日はお休みされても欠席扱いしませんが、どうされます?」とおっしゃるので
「二人ともお休みにしてください!」とお願いしました。
だって、車を出そうにも、駐車場までだって行きたくないくらいの吹雪。
温暖な瀬戸内地方なのに、豪雪地帯?かと思う銀世界です。
(写真にうまく写せないのですが…)

「ゆき降ってるが!」
子供達は雪によろこび、曇った窓に絵を描いたり、「サンタさんがくるよ~」とおたけんだり。
寒がりの母はすかさず「大雪で渋滞してるし、高速道路は閉鎖だし、トナカイさんも走れないよ…」とヒーターにくっついたまま横槍を入れてます。
雪のおかげで一日早く冬休み。
じじばばのうちに行くまでまだたっぷり1週間あるのに、どうしよう?

2005
1221
Wed

ハンドベルの後で

未分類C:0T:0| 17:26| TOP

今日の午前は、むむのピアノ教室のクリスマス会でママたちがする出し物「ハンドベル演奏」の最後の練習でした。
ママたちはそれぞれ多忙なので、結局出演する全員が揃うのは25日当日のリハーサルのみ!
今日も結局4人しか集まらず、足りない音は先生がピアノで弾いてカバー。
1時間ほどみっちり練習して何とか音も揃うようになりました。

こういう場だといつも「先生と生徒の親」というだけの関係で、あまりお話したことのない先生と
みんなで和気藹々とお話でき、ママ同士も知り合えるしとても楽しい。
今日のママさんたちはみなよく知っている人たちで、
ショーの満3歳児クラスメイトのママもいて、彼女はうちと同じ女男女の3きょうだいを育てていることもあり、子育てのバタバタ話をいろいろしていました。

「ええわあ、子供はたくさんのほうが。私ももう一人欲しかったわ」と先生。
「え~、先生、大丈夫ですよ今から頑張って!」と私たちが言うと
「でも私今独り者だし…」明るい調子で笑う先生。

あれ?中高生の子供二人をお持ちで…確かにご主人にお会いしたことはないけど…と思っていると、場にいたほかのママさんたちは驚いた様子もなく
「今そういうのはやってるじゃないですか、シングルマザーで」
と軽口で続けていきます。

すると先生、「まだ下の子(今中学生)が年中さんくらいの時、最後のチャンスかと思ってもう一人って考えたんだけど、主人が『大変やから考えられん』って言って。男の人もそんな風に思うのか、って思ったのよ~」
と笑っておっしゃいました。

帰り道、一緒のMちゃんママに「先生って…ご主人、亡くなられたんでしょうかね?」と尋ねると、
「ご実家にいるから(ご両親と同居)、離婚されたんじゃない?って他のママさんと話してたんだけど、今日のお話の様子だと…離婚って感じじゃなかったわね…」
そう、離婚した相手のことを『主人』って言えないかなと思うし、
先生は話しながらなんだかとても懐かしそうだった。

結局真相はわからないままなのですが、
先生が「micaryonさんちがうらやましいわ~」とよく言ってくださるのは、
単なるお愛想や、いつもうるさいチビたちへのフォローだけではないのかも知れないと
なんだか切なく思いました。
子供達に時には厳しく、でも根気強く接してくれる明るい先生。
教わってるのは、むむだけじゃない気がします。

2005
1220
Tue

3歳児がいっぱい!

ももぐみC:2T:0| 17:50| TOP

今日は昼からショーの3歳児健診でした。
久しぶりに少~し寒さがゆるんだので、
お昼を食べたあと元気に歩いて10分ちょっとの保健センターへ。

受付開始を30分ほど過ぎた頃を見計らって行ったのですが、
会場は本当にたくさんの人人、こどもこども。
健診関係に行くといつも思うのは、「どこが少子化?」ってことです。
まあそういえば、子供以上にたくさん付き添いのパパやらババさんたちがいた気もするけれど。
それにしたって、3年前の5月生まれの子が市内にこんなにたくさんいるなんて!

約3年前にあったむむの健診は、まさに3歳になってすぐに行われました。
おむつもとれていなかったので、検尿は大きな壁でした…
当時住んでいたところでは、確か健診会場で紙コップに尿を取って検査したので
保健所のトイレで「できる?できる?」って焦っていたのを思い出します。

その点今回のショーは3歳半を過ぎてから。市の方針で実施時期に差があるのでしょうが
いろんな意味で余裕があった気がします。
検尿も家で採取したものを提出するだけで、健診の終わりにはもう結果が出ていたし。
(朝一番のをとらなくちゃだったので、朝は戦場の我が家…そこはまさに修羅場でしたが)

再三「子育てで悩みはありませんか?どんな小さなことでもいいですよ」と
保健婦さんが声をかけてくれ、
子供の成長もさることながら、ママの心のケアをはかるのも健診の役割なんだな~と思いました。

同じ年の同じ月に生まれても、3年も経つといろいろです。
ママに抱っこされっぱなしの子も結構いるので、外で抱っこをねだらないショーは我慢してるのかな…と心配したり、むむより大きいような子を見かけると「うちの子って小柄?料理の手抜きをしてるからかな?」と反省したり。
比較すると不安になることばかりだけど、医師にも保健婦さんにも「問題なくすくすく大きくなってますね!」と言われたし、私の見る限りショーはのびのびやってるし少なくとも先月よりは大きくなってる。
目の前の自分の子をしっかり見て、人のものさしじゃなく自分の感覚を信じてやっていこう、と改めて感じるよい機会でもあった健診でした。なんてね。

2005
1219
Mon

冬来たりなば…

ママのたのしみC:0T:0| 15:17| TOP

ちょこっと。

本当にこの冬は寒くて、穏やかな気候の瀬戸内地方も北風ぴゅーぴゅーです。
去年まではほとんど出番がなかったダウンジャケットもフル回転だし
あかぎれ、ひび割れができまくりなので数年ぶりに手袋を買おうかと思うこの頃。

でも、今朝息を切らせて通園バスを見送って帰ってきた玄関先で
見つけました…
水栽培のヒヤシンスの球根、かれこれ2ヶ月くらいになりますが
小さな小さな緑の芽が出てきたようです。

寒い北側の玄関で、陽もほとんどあたらないのに。
こんな冷たい毎日でも、春は確実に近づいているんですね。
ちっぽけな緑いろですが、みずみずしくて、元気が詰まっている感じです。

春に向かうといえば、受験生の人はまさに正念場ですね。
点数を古文漢文で稼いでいた私、追い込み期にやっていたことの一つが
例えば「冬来たりなば、春遠からじ」とかって耳にしたら、
それを頭の中で品詞分解することです。
慣用句として文単位で意味を理解していても、品詞ごとに詰めていくと、意外に誤解していたことに気づいたりします。
お正月の「歳の初めのためしとて~」って言う歌や、「仰げば尊し」など、昔からある歌なんかもきっちり意味をとっていく作業をすると面白いし、実際の試験で現代語訳をするときなど、例文として頭の引き出しから出しやすいです。
それと、勉強の合間に読むマンガや新聞、気軽なエッセイなどを頭の中で英訳していくのも結構役に立ちました。難しい単語を置き換えるのは大変なので、動詞部分や慣用句的な言い回しなどを考えるんです。(あ、新聞に出ているニュースな単語を英語でなんていうかは、調べておく価値はある)
どちらも頭の中で…と言ってるのは、ノートに書く時間をとるには足らない作業なので。
置き換えがうまくできたら、「おお、うまいこといけた!」って満足して、おしまいでした。
それでも、頭のどこかにはひっかかっていてくれるものだし、頭の中の「置き換え回路」を動かす作業を日ごろからしておくのは、ストレッチするようなもので、本番の頭の動きをよくしてくれた気がします。

だいぶ横道に逸れましたが…
冬が来たってことは、春が近づいてるってことなんですよね。
寒い寒いばかり言わず、背筋を伸ばして頑張ろう!

2005
1217
Sat

本田美奈子.さんのこと

未分類C:3T:0| 13:22| TOP

「マリリ~ン」イメージしかなかったのですが、
色々な追悼番組で、ミュージカル女優となってからの姿と歌声に惹かれて、
昨夜の闘病生活をまとめた番組も、子供を寝かしつけて見ました。

血液検査で異常がわかり、入院して化学療法。
その中で、染色体に異常がある難治性の白血病と判り、
化学療法に限界が来て、臍帯血移植をしたと知りました。
移植後、一時快方に向かったものの、程なくして再発…
病魔は本当に容赦ないものです。

昨年なちなちの出産時に臍帯血を提供することができたので、
それが誰かの健康を取り戻す手助けになっていることを、心から願っているのですが
やはり難しいこともあるのですね。
直接移植に使われなくても、分析され研究に使われると、臍帯血バンクからの書類には説明されていたので、どうか、少しでも早く研究が進み、新しい治療法や薬が発見されますように…
そしてもっともっと臍帯血提供のしくみが多くに知られ、提供量が増えて行くようにと願います。
骨髄提供よりはるかにリスクも負担もないことなので…

それにしても、アイドル時代も迫力ある声だったけど、ミュージカルに出演したりスタンダードナンバーを歌うようになった最近の彼女の歌は、聴く人の耳と心を捉えて離さない魅力的なものだったと思います。亡くなるまでほとんど知らなかったのがとてもとても残念。
病床で、そして一時退院時にナースステーションで、再入院した準無菌室のシャワールームで鼻歌のように…
「魂の歌」と表現されていたけれど、彼女は歌うことで自分が生きていることを実感し、噛み締めていたんだろうな。

2005
1215
Thu

個人面談!

ももぐみC:0T:0| 18:43| TOP

学年閉鎖も無事解けた今日は、午後からクラス担任との面談がありました。
二人園児を抱えるうちには園側で配慮して、同じ日の前後の時間を設定してくれました。
保育自体は午前中で終わりなので、一旦スクールバスで帰ってきた子供を連れ帰り
お昼ごはんを食べて2時からの面談に間に合うように出発!です。

園の前の駐車場は案の定満車…すこし離れたコインパーキングに停めに行きます。
園に駐車場がないと、ここまで冷え込んでくると本当に不便…
パーキングから大急ぎで園に向かい、上の子たちを園庭で遊ばせて
まずももぐみから。

とはいえ、各自10分間の面談は得てして時間が押してしまうもので、
前の順番のお母さんとももぐみ担任F先生とはまだまだお話中の様子、
私が廊下から様子を伺っていると、満3歳児担当K先生がいらしたので、
廊下で雑談交じりにショーの話をあれこれと…
5分押しでやっと前の方の面談が終わると、F先生も席を外されたので
K先生と私は廊下の雑談の続きを教室でしたようなもの。
時間通りに終了して、なちなちを抱えて今度は年長のそらぐみへ走りました。

そらぐみのT先生は、手元にノートを用意されていて、
むむについて、「生活習慣・友達・給食・活動」の4点についてそれぞれ日ごろの様子をきっちりお話してくれました。
それについて私が質問や感想を入れつつ、家庭での様子を話していると、ちょうどきっちり10分間ほどで終わりました。

私も園の面談に慣れているけど(なんと言っても3回目)、K先生もT先生も私と同年代=ベテランなので、それぞれのやり方で、「やっつけ仕事」ふうでもなく時間通りに終わらせてくれます。
若い先生だと「…」が続いてしまったり、逆に時間を気にしてマキマキ口調だったりするけど、
そういうことがない分こちらもリラ~ックス。
特にK先生は、去年同じ産院で近い時期に出産したお仲間なので、赤ちゃん(なちなち達)の話をしたり、ほんとに雑談状態でした。でもそんな中にも「○○君や××ちゃんとよく遊んでます。気が合うみたい」「ほとんど話さないけど、こちらの指示はちゃんとわかってます」などと教えてくださいます。
来年も担任して欲しいくらい…

そんなわけで面談も無事終了。
忘年ランチやらハンドベルやらもあって今週は全く布に近づけませんでした…
やっと明日は手が空きそう。
水通し済みの布も裁断済みの布も、新しいパターンも押入れで出番を待ってます。
明日こそ~!

2005
1212
Mon

学年閉鎖!!

ももぐみC:0T:0| 16:25| TOP

週末すこし寒さがゆるんでいたのですが
今朝は突き刺すような寒さ!
北風が強く冷たく、ベビーカーのなちなちもたまらず涙を流すほど。

でも給食が明日でおしまいなので、今日はママ友と忘年ランチ。
クルマでブブッと行って来ました。
ちゃんと探さないと見落としそうなかわいい、エスニックでもあり和風でもあるような
落ち着ける小さなお店。
デザートも付くランチをたらふく頂き、
そこから歩いてすぐの「よく当る」と評判の宝くじ売り場で人生初の年末ジャンボを買い
まさに風花ともいうべきものがちらりちらりと舞う中
気分だけはほくほくで園バス停に着き、バスが来るのを待っていると…

「聞きました?年少と年中、明日から学年閉鎖らしいですよ~」
と、事情通の年少園ママが駆け込んできました。
ええ~~~!!!
ということは、明日からむむだけ登園なの??
みんなで「そりゃたまらん」「ランチに行きたかったのに~」
などなどしゃべっていると、バス到着。
降りてきた子供達に上着を着せながら、通園カバンを開けると、小さなプリントが…

「本日高熱でお休みの連絡が多く、インフルエンザとの報告も受けております。
早めの対応として、年少組年中組を明日明後日の2日間閉鎖いたします」

ほんとだった…
ほとんどの人が予防接種を済ませているにも関わらず、流行の波は寒波とともにやってきたようです。
うちの子供たちは元気で、ショーは年長さんとばかり遊んでいるせいか、菌をもらってこないし、大好きなK先生と会えないので「お休みいやだ」と眉をしかめます。
ショーだけ年長組を一緒に遊ばせて欲しいくらいなのですが、仕方ない。
元気なだけでもありがたいと思わなくてはね。

とりあえず明日のハンドベルの練習、先生のスパルタ特訓の間ショーが小さい子の面倒を見てくれるか?それが心配な母です。ハンドベルに集中しないと、ついていけないんだもの…

2005
1209
Fri

うちの石窯!!

ごはんC:0T:0| 16:44| TOP

ふくらんでる~♪

先日壊れたオーブンレンジ、修理が高くつくということで、結局新しく買い換えたんですが、
同じメーカーの同じような値段の同じような大きさのものを買ったけれど
やはり7年間で色々進化していて、新たな機能がありました。
その一つが、「石窯オーブン」なるもの。
普通のオーブン機能とどう違うのかは今ひとつ判らないのですが
とにかく「石窯」ボタンを押すと勝手によきに計らい、ピザなどがおいしく焼けるらしいのです。

転勤してしまった先輩ママが、「ホームベーカリーで生地を作ってピザ焼くとおいしいよ!子供も大好きだし簡単だよ~」と教えてくれたのを思い出しました。
早速イーストとモッツアレラチーズ、バジルを購入。ピザソースも買って、子供たちの好きな「マルゲリータ」に挑戦です!

ベーカリーに材料を投入すると45分で生地が完成。
それを分割し(スケッパーが行方不明なので鍋のカレーのこげなどをこそげるスクレイパーで代用)、寝かせている間に「石窯」を予熱します。
しばらく寝かせたものに打ち粉をして薄く延ばし(麺棒は発見できた)、ここからは子供たちの出番。
「ピザ作るよ~」
の号令に、「天てれ」に夢中だったむむとショーが飛んできて、ソースを伸ばし、ちぎっておいたモッツアレラをのせ、バジルをのせ、おまけにベーコンも。
さあ予熱の済んだ「石窯」に投入だ!!

約10分後、焦げ目が付きチーズの白とトマトの赤が鮮やかなマルゲリータが完成。
一切れ味見…おいしいけど、生地がちょっと厚ぼったく、硬くなってしまった。
それでもおいしいおいしいと頬張る子供達(なちなち含む)を横目に、
生地をさらに薄く薄く延ばしてみました。
そうしてできた第2弾は、なかなかのできばえじゃん!
ピザをくわえてテレビにかじりつくむむショーを「テーブルで食べな!」と叱りつつ
もう1枚分残った生地を延ばします。
そうしてオーブンに投入したのが上の写真。
焼きむらなのか、延ばしむらか、ところどころプーっとふくれてきました。

直径20センチちょっとの2枚を3人で食べた子供達はお腹いっぱいと思いきや、
足りないようで3枚目も私の口にはほとんど入らず…
次回は生地も具材やソースも増やして、さらにおいしいのを目指そう。
忘年会続きのパパが休みのときにでもね。

2005
1209
Fri

うう…できないよう…

かぞくC:0T:0| 14:41| TOP

←サイドバーをすこしいじってます。
新たにここにもペットを飼っています。名前はLumpi?です。
HPのLumpi共々よろしくお願いします。

さてさて。
ひぇ~

むむが通うピアノのお教室でクリスマス会があり
子供達は一人一曲披露するので猛練習中、ちなみにむむは「ひげじいさん」(とんとんとんとん…てやつですね)なのですが
なんとママたちもサプライズでハンドベルを披露する事になりました。
私たちにとってはそれこそサプライズ!!
というわけで、子供達が登園&登校したあとに先生のお宅に集まり、練習開始。

先生曰く、「以前子供たちにハンドベルをさせたとき、『きよしこの夜』を上手にできたので、お母さん達にはもう少し難しいものもやってもらわないと、まずいですよね」と…
取り出した楽譜コピーはふたつ。
『きよしこの夜』と『いつも何度でも』(千と千尋のテーマ)。

私は自慢じゃないですが音符はほとんど読めません。
なのに、『いつも…』の方はフラットが4つもついている。しかもどちらの曲もハーモニーを奏でるため一つの音符に玉が(玉でいいのか?丸いもの)4つも5つもついている。ト音記号の方でさえろくに読めないのにもれなくヘ音記号の楽譜もついている!
ありえないことです。

仕方ないので、先生に指定された音のラインをたどり、玉があったらすべて丸をつけ、さらに右、左(ベルを両手に持つので)とペンで書き込みました。
そして、「いっせ~の」で鳴らしていきます。
でも、音符が読めないとどこを鳴らしているのか全然判らない。
小節に番号がついているので、「じゃ20番から」とか言われて、いそいでそこを見るのですが、他の人がどこをどう鳴らしているのか???
どちらもかろうじてメロディーラインは知っていたので、自分がメロディーのこの辺が出番だ!と覚えて、あとは頭の中で鼻歌を歌いながら出番にカ~ンと鳴らすのが精一杯の情けなさです。

ああ、絶対音感のある人や音符の読める人になりたかったと、今ほど思うときはないです。
なにかを発表するために練習するなんて、大学1年の学祭打ち上げのウィンク「淋しい熱帯魚」以来…胃が、胃が痛い~

2005
1207
Wed

来年のカレンダー

まいにち つかう ものC:0T:0| 17:26| TOP

もらい物にしてはかわいいでしょ。

来年の話をしても、もう鬼に笑われない時期になりましたね。
カレンダーや手帳を新調しましたか?

私はもう2~3年手帳を持っていません。
結婚してから、あまり使わなくなったなあと思っていたものの
思い立って贈り物をしたいとき、アドレス帳を持っていたかったので
ダイアリーの方はほとんど白紙のまま毎年買い換えていました。
ドーナツや通販のオマケもよく使ったなあ。

でも、携帯電話のアドレス帳に住所を登録すれば、手帳を持つのは不要だと気づいて(ケイタイにカレンダーもついてるし)買わなくなりました。
でも、主婦にも、覚えられる範囲内ではあるけど、スケジュールはあるもの。
なので、カレンダーに書き込むことにしました。
これは、名古屋のママ友Eさんがやっていて「いいなあ」と思っていたものです。Eさんありがとう

うちではDKの中心に冷蔵庫がど~んとあるので、そこにカレンダーをつけています。マグネットつきのクリップで。同じクリップがもう一つあって、そこには幼稚園の予定表、給食の献立表など大切なプリント類と、ベルマークをとっておくためのジップロックを挟んでいます。

今年までは、手ごろな大きさと書き込みスペースが使いやすい栗原はるみさんの本の付録を愛用していたのですが、
来年は夫が仕事先のカーディーラーでもらってきたカレンダー↑にしました。
今までのものより大判で、毎月可愛い刺繍イラストが和ませてくれそう。
ディーラーのカレンダーといえばクルマかグラビアアイドルって思っていたのですが、いいのもあるじゃん

幼稚園の予定表は字が小さく見にくいので、重要な予定はカレンダーに書き込みます。目が悪い私&夫にも見やすい緑のサインペンで。緑のペンは仕事をしていた時目立つのでよく使っていて、どこにでも売っているのでこれまた便利です。

このカレンダーと、トイレのLEE付録花のカレンダー、子供部屋のマックカレンダー。気づけばおまけチックなものばかりですが、カレンダーだけは2006年モードの我が家です。

2005
1205
Mon

しりとりの夜

ももぐみC:4T:0| 20:37| TOP

ただ今3歳7ヶ月のショー、しりとりがマイブームです。

毎晩お風呂あがりはしりとりタイム。
「しりとりしよう!」と元気に叫ぶと、「え~っと、ごりら!」などとお題を出してぴょんぴょん跳ね回ります。
仕方なく母は、なちなちに服を着せながら「ん~、らっきょう!」などと答えます。

ただ、お風呂上りは眠い時。
だんだん答えが出なくなってきて、たとえば「ま…ま…」と考え、もうすでに彼のボキャブラリー(まり、まんじゅうなど)が出尽くしていると、むむや私が「ほら!お歌を歌う時持つやつ!」などヒントを出しても、もう頭が回転しないのでわからず、結局「え~っと!まぴ!まぴだよ!」などとありえない言葉を繰り返すようになります。
それをむむが「まぴ?そんなのないよ!」と突っ込むと
「いいんだもん~!まぴだもん~」と泣く始末。
そこを母は一喝、「ベッド行きなさい!」
二人の幼稚園児はすごすごベッドへ行く…
そんな毎日が繰り返されています。

でも子供相手と言えしりとりは結構頭を使います。
むむはこましゃくれなのでよく言葉を知っているし、3歳からやっとまともにしゃべるようになったショーでも毎日語彙が増えるので、こちらが考え付かない答えを出してくれることも。

幼稚園児はまたルールに厳しいです。
だんだんこちらも飽きてきて、面白がらそうと「み…み…」と考えるショーに「ほら!オレンジ色の。ショーちゃん大好きなくだもの」などとヒントを出そうものなら、正義漢むむに「いけんよ!そんなのいけんが。ショーちゃん、違うの考えて!」と怒られます。「ん」がついたらおしまい♪だもんね。

ショーの中ではしりとりだけじゃなく数を数えるのもブームで、歩く時は大抵「いち、にい…」と歩数を数えています。
100くらいは数えられるようですが、いつも6、7、8のいずれかはとんでしまうので、手をつないで歩く私はそのたび笑ってしまいます。それでも真剣に眉根を寄せ「ろくじゅういち、ろくじゅうに…」などと数えている姿も面白い

理屈ぬきでどんどん言葉や数字、さまざまな概念を得ていく子供達。うらやましいし興味深い

2005
1201
Thu

壊れるとほんと困る

ごはんC:4T:0| 18:28| TOP

昨日の朝、いつものように食パンを焼こうと
オーブンレンジを…開けても、電源が入らない。
(うちのレンジは、普段は電源オフになっていて
一度扉を開けると電源が入り、ボタンを押せる仕組み)

結婚すぐに買ってから7年間、ほぼ毎日トーストを焼き冷めた食事を温めてくれた働き者に異変があったようです。

幸いメーカーのサービスセンターが近くだったので
車に積んで見てもらいに行きました。
すると「4~5日お預かりします」と…

弱りました。
うちは私+子供の夕食と夫の夕食の間が3~4時間くらい空くのです。
いつもは夫の分をとりわけ、チンして食べてもらっているのですが=私は先に眠っているのですが
それができないのは本当に痛い!
加えて、お昼はたいがい残り物や「冷凍食品半額の日」に買い置いたものを食べている私+なちなちなのに、
チンできないなんてどうするの

特に今夜は「大奥」必見のため、10時台に帰ってきても夫の食事の世話は不能!!
なのでとりあえず今日のところはカレーでしのぎます
ちなみにうちでは義母オススメの細木数子番組で見た作り方です。
ポイントは野菜類を塩コショウでいためておくこと、にんにくをたくさん入れること、仕上げに牛乳を入れることですが
結構マイルドでコクもあり、カレーなら3日続けてもOKの夫も、3人の子供達も(つまり1歳のなちなちも)喜んで食べます。細木恐るべしです。

でも明日からどうしよう?一日も早く直してもらえることを祈って綱渡りです…

Copyright © micamama*diary All Rights Reserved.

Designed by Flug / Illust by ふわふわ。り / Admin

FC2Ad


カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。