Calendar

2017.09.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

micaryon

Author:micaryon

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

おてんき

つぶやきなう

micamama*diary

3kidsの成長、お楽しみのお出かけ、ときどきパパ

--
----
--

スポンサーサイト

スポンサー広告| --:--| TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007
0220
Tue

みとわんわんとちゅちゅ

なちなちC:2T:0| 21:40| TOP

これは決して怪しいマジナイではありません~
なちなちが、姉兄自分を呼ぶ呼び名なのです…

姉むむは「み」、兄ショーは「わんわん」、そして自分は「ちゅちゅ」。
ちゅちゅは多分、よくオットや私が「なっちゃん~、なっちゅ~」などと赤ちゃんぽく呼ぶときの呼び名から来てるのではと思います。

が、「み」と「わんわん」は一体??
むむの名前は最後が「み」なので、そこからかな?とも思えるけど、
うちで彼女の名前を呼び捨てにすることはまずなく、ショーも「むーちゃん」と呼んでいるので
何でそんな発想を?
さらに「わんわん」…
なちなちが2歳くらいの時、姉兄ともに「わんわん」と呼んでいたのですが
最近むむが「み」となり、「わんわん」はショーの名前になりました。
これは本当にわけが判らない。
ショーは家では呼び捨てもしくは「ショーちゃん」なのに???

さらに最近なちなちは
「こえ、いやない」(これ、いらない)
「ちゅちゅ、こえ、しゆ」(ちゅちゅ、これ、する)などの、2~3語文が出てきました。
おしっこやうんちが出ると、たまに顔をしかめて「うんち、でた」などというので
母としてはここを捉えてトレーニングするべきか、
やっぱり面倒なので3歳までほうっておくか、考えどころです。
でも多分、ほうっておく方になります。もう少し着替えや掃除が楽な季節になってから…
幼児用便座もしまったままだし。

スポンサーサイト
2006
0828
Mon

魔の2歳、突入。

なちなちC:2T:0| 11:05| TOP


↓でも書きましたがなちなちは2歳になりました。(左上は、「2」型に並べたくまパスタ、ミートソース)

1歳半健診で「ちょっと心配」と言われていた言葉もあれこれしゃべるようになり
こちらの言うことはほぼ理解できているようです。
相変わらず兄ショーのことは「わんわん」と呼びますが、
たまに私たちを真似て「ショー」と呼び捨てにすることもあるので、こちらが気をつけて「ショーちゃん」「にいにい」と呼ぶようにしてます。
機嫌のいいときは鼻歌も歌います。「おかあさんといっしょ」の「ただいま、ママ」という歌の「ママ」というところなど、自分で歌えるところだけ歌って喜んでいます。何を歌っているかこちらが汲み取って、一緒に歌ってやるととてもとても嬉しそうです。
じゃんけんも好きで、勝ち負けはわからないけど、歌にあわせて手を色々出すのが楽しい様子。兄がはまっていた「大阪じゃんけん」もよく真似しています。

好きな食べ物はくだもの全般、ふりかけやのりの佃煮、ラーメン、飲み物は牛乳。硬いお肉は苦手です。
牛乳は水代わりで、麦茶を飲ませようとしてもコップを振るってしまうので、仕方なく格安の低脂肪乳を買い込んでいます。かつて姉兄も同じ年頃でお茶を飲まないときがあったので(当時彼らは100パーセントりんごジュースを飲んでいた…虫歯の要因)仕方ないかな、と思ってます。

「魔の2歳」と言われるように、なちなちも反抗の芽が出てきました。
ニッコリ笑いかければ笑い返してくれたのも今は昔、
尖った顔をして睨み返したり、「イヤ!」という言葉を覚えてチャイルドシート上で暴れたり。「お片づけよ」と命じると、その場でおもちゃをぽい!と投げたりします。
その反面、姉のお下がり「メルちゃん」や、頂き物のタオルセットに入っていた小さなくまのぬいぐるみ「くまこ」を抱っこして歩き、自分のイスの隣に座らせて食事を口に突っ込んだりして、ちょっと「ちいママ」っぽさも出てきています。
(くまこやメルちゃんもよく放り投げられてますけどね)

2歳になるとトイレトレーニングなどをすることもあって、「ママの声変わり」とも言われますよね!「○○ちゃん~♪」と、いつもすずが鳴るような声でお話していたママが、ワントーン低い声で「○○ちゃん!!」と怒るようになる…こどもの反抗期もあるしね。
うちはもうママはとっくに声変わりしてるので、なちなちは怒られても平チャラ。一応へこみながらも、いつものこと、って感じで受け流しているようで、大物でございます。

ママのセルフバースディプレゼント、C&Sさんのバッグです。目からうろこな作り方で、四角い生地がふっくらバッグになりました♪

2006
0828
Mon

魔の2歳、突入。

なちなちC:2T:0| 11:05| TOP


↓でも書きましたがなちなちは2歳になりました。(左上は、「2」型に並べたくまパスタ、ミートソース)

1歳半健診で「ちょっと心配」と言われていた言葉もあれこれしゃべるようになり
こちらの言うことはほぼ理解できているようです。
相変わらず兄ショーのことは「わんわん」と呼びますが、
たまに私たちを真似て「ショー」と呼び捨てにすることもあるので、こちらが気をつけて「ショーちゃん」「にいにい」と呼ぶようにしてます。
機嫌のいいときは鼻歌も歌います。「おかあさんといっしょ」の「ただいま、ママ」という歌の「ママ」というところなど、自分で歌えるところだけ歌って喜んでいます。何を歌っているかこちらが汲み取って、一緒に歌ってやるととてもとても嬉しそうです。
じゃんけんも好きで、勝ち負けはわからないけど、歌にあわせて手を色々出すのが楽しい様子。兄がはまっていた「大阪じゃんけん」もよく真似しています。

好きな食べ物はくだもの全般、ふりかけやのりの佃煮、ラーメン、飲み物は牛乳。硬いお肉は苦手です。
牛乳は水代わりで、麦茶を飲ませようとしてもコップを振るってしまうので、仕方なく格安の低脂肪乳を買い込んでいます。かつて姉兄も同じ年頃でお茶を飲まないときがあったので(当時彼らは100パーセントりんごジュースを飲んでいた…虫歯の要因)仕方ないかな、と思ってます。

「魔の2歳」と言われるように、なちなちも反抗の芽が出てきました。
ニッコリ笑いかければ笑い返してくれたのも今は昔、
尖った顔をして睨み返したり、「イヤ!」という言葉を覚えてチャイルドシート上で暴れたり。「お片づけよ」と命じると、その場でおもちゃをぽい!と投げたりします。
その反面、姉のお下がり「メルちゃん」や、頂き物のタオルセットに入っていた小さなくまのぬいぐるみ「くまこ」を抱っこして歩き、自分のイスの隣に座らせて食事を口に突っ込んだりして、ちょっと「ちいママ」っぽさも出てきています。
(くまこやメルちゃんもよく放り投げられてますけどね)

2歳になるとトイレトレーニングなどをすることもあって、「ママの声変わり」とも言われますよね!「○○ちゃん~♪」と、いつもすずが鳴るような声でお話していたママが、ワントーン低い声で「○○ちゃん!!」と怒るようになる…こどもの反抗期もあるしね。
うちはもうママはとっくに声変わりしてるので、なちなちは怒られても平チャラ。一応へこみながらも、いつものこと、って感じで受け流しているようで、大物でございます。

ママのセルフバースディプレゼント、C&Sさんのバッグです。目からうろこな作り方で、四角い生地がふっくらバッグになりました♪

2006
0711
Tue

おてつだいなっちゃん・い~えっ

なちなちC:0T:0| 11:54| TOP

つぎつぎ風邪に倒れる兄姉とべったり一緒にいるのに
なぜか元気ななちなち。

最近は私の手伝いをしたくてしたくて、いつもついてまわります。
よくやってくれるのは、畳んだ洗濯物をそれぞれの場所に運ぶこと。
むむの山、ショーの山、なちなちの山…と分けて重ねたものを、よいしょよいしょとタンスの前に運びます。
また、タオルや下着を洗面所の引き出しにしまう時も、籠から一枚一枚タオルを出して手渡してくれます。

「ありがとう」と声をかけると、「い~えっ」とのお返事。これが、とっても得意。
私が片付けに手間取って次の洗濯物を受け取れないと、「い~え!い~え!」と叫びながら私に押し付けてきます。
やっと手が空いて受け取り、「ありがとう」というと、もったいないような笑顔を返してくれます。
「い~え」にくらべると、「ありがとう」は難しいのか、まだ言えないのだけど。

兄姉とモノの取り合いになると、意外になちなちの方が折れることが多く、
「はい、こっこ」と手渡しています。(はい、どうぞ、のつもりらしい)
ちょっと泣かされても、しばらくすると立ち直ってまた兄姉のところにニコニコと近寄っていきます。

もうすぐ2歳。声をかければニコニコ、の時期が終わるのも近いかもしれないです。お手伝いもしなくなるだろうし…
今の笑顔を当たり前と思わず、大切に思って過ごしたいな。せっかくの末っ子なんですから。

2006
0426
Wed

実はちょっと悩んだことも。

なちなちC:4T:0| 14:38| TOP

はい、ちーず
なちなち1歳8ヶ月になりました。
「ハイ、チーズ」と声をかければ上のポーズ。
上の子たちの「たのしい幼稚園」などを持ってきて「あんぱん、あんぱん」「ちゃちゃ~、ちゃちゃ~」などと指差し。(ちなみに「アンパンマン」と「プリキュア」のこと)
「これ、むーちゃんにもってって」と頼めば、「わんわ~ん!」と叫んで手渡しにいきます。(ちなみにむむもショーも「わんわん」らしい)

でも、3月の初めにあった「1歳半健診」では、
指差しもせず、「わんわん」「まま」といった簡単な名詞を答えられないので、
保健師さんに「もしよかったら、専門家のカウンセリングを…」と言われていました。
健診の時間が長く掛かり、保健師さんと話をしたときはすでに、当時幼稚園児だった二人の上の子たちの帰りのバスの時間が迫っていたので、
「す、すみません、今日は時間がなくて…」というと、
「ご心配な時はいつでも、保健センターにいらしてくださいね」
と見送られたのでした。

私自身はそのときは気にならず、「何も言わなくても周りにやってもらえる」末っ子だからだと思っていました。
でも冷静に考えると、それまでなちなちは「ママ」か「マンマ」かわからないようなつぶやきは発するものの
「これは何?」と尋ねたりするといつもしらんぷりでした。

上二人の時は、1歳半健診の頃はすでにお腹に下の子がいる状況で
どんな健診をしたかも良く思い出せないのですが、
言葉が出ないと言うことでチェックを受けた覚えは、とりあえずなかった。
なかなか文章をしゃべらなかったショーでさえ、ノーチェックだったはず。
もしかしたら、なちなちは???

でも、もし言葉が遅く発達が遅い子であっても
なちなちは私のこどもで、むむやショーの可愛い妹であるのは事実。
そっちをしっかり信じて、今までどおりにやっていこう。
そう心に決めてみたりもしました。

それが最近になって、冒頭のように指差しやモノの名前が言えるようになって来ました。
パパが帰ってくれば、「ぱぱ、ぱぱ」と言ってすがりつくので、パパは大喜びです。
1歳半から2ヶ月ほど遅れているのでしょうが、とりあえず私の心配は解消したようです。
あ、私のこともちゃんと「まま」って呼んでくれますよ。
でも「まま、あい」って、私がするべきお返事も込みで呼んでくれるんですけど。

お下がり靴も12センチ→13センチになりました♪(a-donありがとう、3人愛用してます)

Copyright © micamama*diary All Rights Reserved.

Designed by Flug / Illust by ふわふわ。り / Admin

FC2Ad


カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。